4.28 ふくしま集会 深刻化する汚染水問題!~集会・デモ・県警要請行動~

福島原発告訴団が第一次「汚染水告発」を行って、早7ヶ月が経ちます。

汚染水問題はますます深刻化しています。昨年8月19日、タンクからの高濃度汚染水300tの漏えいを始まりとして、放射能濃度の過小評価、度重なるALPSの不具合、安全が明確とは言えない地下水バイパスの決定とと毎週のように事件が起きています。

作業員の被曝や海の汚染が本当に心配です。

オリンピック関連事業によって、セメントや鉄筋などの資材不足や、人件費の高騰により作業員の確保がますます難しくなることで、汚染水対策が困難になって行くのではないかと懸念されます。

汚染水対策の初動がもっと的確に行われていたら…と思わずにはいられません。

汚染水の現状を学び、県警へ「強制捜査」を再度要請しましょう。

 

 

4月28日(月)

13:30~15:30 福島市市民会館 第2ホール(開場13:00)     

講演 「汚染水漏洩の実態」 阪上 武 さん (福島老朽原発を考える会)

            

現状報告 河合弘之弁護・保田行雄弁護士・海渡雄一弁護士

 

 

 

15:45~       新浜公園から福島県庁へデモ行進

 

16:30~       福島県警本部(県庁内)に上申書提出

チラシはこちらからダウンロードできます

汚染水集会4_28.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.5 MB